Img01 sp Img01
ご希望のスキルを持った即戦力人材が、
たった1つの制約をなくすだけで
採用コストを大幅に抑えて 簡単にみつかる
事をご存知ですか?
Img02

変化する ライフスタイル

現在の日本では、従来の 終身雇用制がなくなりつつ あり、また以前は少数派だった 夫婦の共働きが今では過半数を超える 時代に変化しています。
そのライフスタイルの変化に伴って、今、働き方も目まぐるしく進化しています。

突然ですが2025年問題はご存知ですか?
2015年に満65歳以上となった団塊の世代が2025年には満75歳を迎えます。この2025年を境に介護世帯が 急激に増え、介護をしながら 働く人が子育て世帯以上に増えていく事が決定的となっています。

Img04

するとあなたの会社は
どうなるのか?

優秀な人材が介護を理由に離職、 新しい人を採用したくても今以上に激戦となっており採用できない。採用コストだけはあがっていく。 もし現在、あなたの会社で「人が採用できない」と嘆いているのであれば、今のままではその状況は今以上に悪化することでしょう。

Img06

ではどうすべきなのか?

その解決策としてReworkerが提案するのがリモートワークです。
育児や介護をしながら働く人にとっての制約、それは決まった場所での長時間の拘束に他なりません。オフィスに毎日定時に出社する必要さえなければ、彼らは 働き続ける事ができる のです。

しかし言い換えれば、 他の企業を辞めてしまった優秀な人材が、リモートワークさえ導入できればあなたの会社で簡単に 採用できます。
採用できる人々は、あなたのオフィスのフロアで仕事をしている同僚と能力に遜色なく、むしろそれ以上の費用対効果を生む人材達とも言えます。

しかも、、、現在よりも採用コストを 圧倒的に抑えて採用する事が可能 です。

リモートワークを導入するメリット


MERIT
Img08 sp Img08
介護や育児による人材の 流出を防ぐことができる
Img09 sp Img09
他社を辞めた優秀な人材を 奪う側に回る事ができます
Img10 sp Img10
従来より圧倒的に 採用コストを抑えられる

これは同時に リモートを早期に導入しなければ、近い将来に人材は流出しつづけ、他社に人材を奪われ続ける 事を意味しています。

事実この事実に気付いた少数の大手企業が生き残りをかけて早期にリモートワークの導入に踏み切っており、リクルート、日産自動車、資生堂、JAL、東急リバブルなど、およそリモートワークの導入が難しそうな企業が導入しはじめています。

リモートワークを導入したところで本当に採用できるのか?
そこで登場するのが Logo です。
Reworkerはリモートワークの第一人者と呼ばれており、オンラインアシスタントサービスや リモートのデザイナー紹介サービスなど、すでに先行する事業への登録者が約5,000人以上存在し、すぐにリモートワークで働きたい求職者と常時コンタクトが取れる状況ができあがっております。

Reworkerでリモート人材を集めてみませんか?


CONTACT
Img11

もちろんこれを機にリモートワークの導入を検討しているという方でも構いません。
我々にはリモートワークの第一人者として導入を成功させてきた独自のノウハウがあり、導入支援も行っています。

もしご興味をもっていただけたならお気軽に以下よりお問い合わせください。

リモートの導入支援や希望の人材の登録状況をご説明させていただきます。
もちろん問い合わせだけで料金は一切発生しません。
是非わたしたちにお手伝いをさせてください。
お話を聞いてみたいという方は以下のフォームを入力し、「送信する」をクリックしてください。後日担当者からご連絡させていただきます。
(* は入力必須項目です)

利用規約プライバシーポリシーをご確認の上、合意の場合のみ送信をしてください。