株式会社EventHub

なにをやっているのでしょうか?

私たちは「オフラインの出会いを科学すること」をテーマに、イベントでの人の出会いの接点を増やし、オフライン・マーケティング活動を促進するツールを開発しています。
国内外のカンファレンス・展示会・商談会・セミナー・採用フェアなど、100名〜数万名規模のイベントまで、幅広い場面でご利用いただいています。

実は企業の全マーケティング予算の約30%は、イベント主催や出展などのオフライン・マーケティングに使われているというデータもあります。一方で、効率化や効果(ROI)の可視化が進んでいるデジタルマーケティング施策と比べて、オフラインマーケティングは効率化の余地があり、ROI(投資対効果)も可視化しづらく、未だに課題が多い状況です。このイベントマーケティング活動をITによって効率化するサービスを自社開発しています。

▼具体的な機能
- イベントの参加者・企業同士をレコメンドしあい、マッチングする機能
- イベント主催・出展時に出会ったリードをマーケティング・オートメーションツールに取り込む機能
- イベント当日の体験を豊かにする電子パンフレット機能やアンケート機能

どういう人とどういう形で働くことになるのか?

デザイナー、営業、カスタマーサクセスの方たちと協議しながらより良い機能・解決方法を実現していきます。得意とする領域を活かして、各開発者がシステム全体を把握しながらより良いサービス開発を行っていただきます。

まだ社員数が10名以下のスタートアップ企業です。オフィスは市ケ谷(南北線・有楽町線・JR総武線・都営新宿線沿い)から徒歩3分ほどの場所にあります。屋上・レストラン・会議室等の共用施設が自由に使えるビルの中にオフィスがあるので、合計5フロアが自由に使える、風通しの良い快適な職場環境になっています。毎日メニューが変わる1階のレストランは住居人割引もあるので、メンバーは愛用しています。

また、EventHubのユーザには国外の企業もいるため、社内には海外国籍・海外在住経験有りのメンバーが複数人います。英語は必須ではないものの、英語を身近に感じることができる・活用できる職場でもあります。

創業者は、アメリカのマッキンゼー・アンド・カンパニー出身の代表(山本)と、元々マッチングアプリを開発していたエンジニア(井関)の2名。イベントのアプリ制作事業を経て、2018年1月にイベントマッチングサービスEventHubを本格リリースしました。

(参考)StartupTimesのインタビュー記事
 イベントでのマッチングを加速化するビジネスマッチングサービス 「EventHub」
https://startuptimes.jp/2018/06/04/86333/

株式会社EventHubについて

どんなにテクノロジーが進んでもビジネスにおける「対面」で話す価値は消えないどころか、改めて重要視されています。情報があふれかえる時代だからこそ、リアルの場の重要さが増していると考えています。

実際に導入頂き、前年比で2~4倍の商談・リード獲得数を実現できたイベントもあります。どんなイベントでも開催・参加するのは時間も費用もかかります。それであれば出展者も参加者もお互いに成果を得られる機会にしたいはずです。これからもEventHubは、テクノロジーを活用し効率的なマッチングの機会を生むサービスを提供していきます。

また2019年4月には、Salesforce Venturesからシードラウンドの資金調達を行いました。世界最大級の営業支援サービスのセールスフォースとの連携も進めながら、さらに成長していくフェーズです。
https://eventhub.jp/blog/5reasons-why-business-matching-important/

【受動喫煙対策について】
当社はリモートワークを導入しており、原則受動喫煙がない状況になっております。
尚、出社が発生した場合も社内は屋内禁煙となっており、原則受動喫煙がない状況になっております。

会社について教えてください

ホームページ https://eventhub.jp/
代表者名 山本 理恵
設立年月 2016年02月
本社所在地 東京都​新宿区市谷左内町5番地 Lowp 305
会社情報

東京都​新宿区市谷左内町5番地 Lowp 305

現在、以下の職種を 募集しています。


RECRUIT