【プライバシーポリシー改定のお知らせ(2022/10/17適用)】この度、弊社プライバシーポリシーを一部改定します。改定後のプライバシーポリシーはこちらよりご確認いただけます。

READYFOR株式会社

なにをやっているのでしょうか?

■国内初・最大級のクラウドファンディングサービス『READYFOR』を運営
READYFOR株式会社は、“誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる”をビジョンに掲げ、
国内初のクラウドファンディングサービス『READYFOR』を運営する会社です。
サービスローンチから8年が経ち、58万人から累計86億円の支援が集まるプラットフォームに成長しました。

READYFORでの資金調達をきっかけに数々のチャレンジが生まれてきました。
最近では政策提言や訴訟費用などの社会に必要な"声"をあげる活動に賛同したり、
長時間かかる研究に多額の資金が集まったりと、これまでにはなかったプロジェクトが成功を収めています。
それは、誰かの夢を応援することによって得られる幸せや社会の変化を望む人が増えている、ということでもあります。
8年前には想像もしなかった、理想と考えていた応援のカタチが今着実に生まれてきています。

一方で、労働人口の減少により税収が減り、あらゆることに優先順位がつけられてしまう昨今、
チャンスに恵まれた人とそうじゃない人の格差が広がってきているのも事実。
だからこそ、クラウドファンディングという新しい資金調達の手段を提供することで、
挑戦へのハードルを下げ、数々のチャレンジが生まれるような世の中を作って行きたい、それがREADYFORの願いです。

READYFOR株式会社について

■2018年10月より、総額約10億円の資金調達を実施
2018年10月より、グロービスキャピタルパートナーズなどのVCを中心に
二度にわたり総額10億円ほどの資金調達を実施しています。
READYFORでは、既存の金融サービスではお金が流れにくい分野を中心に
想いの乗ったお金の流れを生み出してきました。
今回の資金調達、体制のアップデートにより、
急成長中であるクラウドファンディング事業のシステム強化ならびに、
新規事業への投資、ハード面を含めた環境の再整備を急ピッチで進めています。
マーケットの拡大とともに「社会を持続可能にする新たな資金流通メカニズム」を確立し、
“共感”で資金を集めるReadyforをもっと身近な社会インフラにしていきたいと考えています。

▼最新トピックス
第5回 日本ベンチャー大賞で「経済産業大臣賞(女性起業家賞)」を受賞
日本で初めてクラウドファンディングサービスを開始し、
既存の金融システムではお金が流れにくい分野であるNPO・研究分野・医療機関などに
新たな資金調達手段を提供している点、
日本中の様々な挑戦の実現に向けサポートし支持されている点などを評価いただき
経済産業大臣賞の受賞に至りました。
今回の受賞を励みに、今後も「誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる」というビジョンに向けて
邁進してまいります。

会社について教えてください

ホームページ https://corp.readyfor.jp/
代表者名 米良はるか、樋浦直樹
設立年月 2014年07月
本社所在地 東京都千代田区麹町1丁目12-1 住友不動産ふくおか半蔵門ビル 2階

会社情報

東京都千代田区麹町1丁目12-1 住友不動産ふくおか半蔵門ビル 2階